外壁塗装の塗料の種類

 

外壁塗装は、どのような塗料で塗りかえるかによって見積もりが大きく変わってきます。
外壁用の塗料は何百種類もありますが、大きく分けると4種類になります。

 

塗料の価格は、アクリル系塗料塗料が一番安く、

アクリル系塗料 ⇒ ウレタン系塗料 ⇒ シリコン系塗料 ⇒ フッ素系塗料

の順で高くなります。

 

耐久性の面で比較すると、これは価格に比例します。

 

フッ素系塗料が最も耐久性に富んでおり、

アクリル系塗料 ⇒ ウレタン系塗料 ⇒ シリコン系塗料 ⇒ フッ素系塗料

の順に耐用年数が長くなります。

 

要は、値段が高いほど長持ちをするということです。

 

ただ、値段と耐久性のバランス、すなわちコストパフォーマンスは現段階では「シリコン樹脂塗料」が一番いいといえます。

 

ですので、最近の外壁塗装の主流塗料は「シリコン系塗料」となっています。

 

外壁塗装塗料の機能・特徴

 

外壁塗装を計画する際には、まずそれぞれの塗料の機能や特徴を理解しましょう。

 

たとえば、屋根は紫外線による塗料の劣化が激しいので、耐久性に優れた塗料が向いています。
外壁は汚れが付きにくいかどうかも、重要なチェックポイントです。

 

予算に合わせて、価格と耐久性、機能性のバランスが取れた塗料を選ぶことが大切です。

 

塗料は下記の4つに大きく分けられます。
下に行くほど新しい世代の塗料になります。

 

■アクリル系塗料
価格が安いので見積もりを抑えることができますが、他の塗料に比べると耐用年数が短いので、次に塗り変えが必要な時期が早く訪れます。
耐用年数の目安は5年から8年です。

 

■ウレタン系塗料
価格が比較的安く、外壁塗装に広く用いられています。
耐用年数の目安は8年から10年です。

 

■シリコン系塗料
価格と比較して、防汚性能、耐汚染性がとても高いのが特徴です。
コストパフォーマンスが高く、現在主流となっている外壁塗料です。
耐用年数は12年から15年です。

 

■フッ素系塗料
高価ですが、防汚性能と耐久性があり、不燃性です。
耐候性にも優れています。
耐用年数は15年から20年と、外壁塗装の中で最も長い丈夫な塗料です。

 

■その他の高機能塗料

  • 光触媒塗料:耐光触媒技術を応用した、汚れを雨で洗い流す「セルフクリーニング作用」を持つ塗料です。
  • 無機塗料:有機溶剤を含まないので溶剤のにおいに悩まされません。
  • ナノテク塗料:他の高機能塗料より価格が安い「セルフクリーニング作用」を持つ塗料で、価格が比較的手ごろなのが特徴です。
  • 遮熱塗料:シリコン塗料やフッ素塗料に「遮熱」という機能性を付加したもの。
 

外壁塗装を検討中なら「一括見積りで比較」をするのがおすすめ!
最大で【130万円】も違うケースもあるんです!
失敗のリスクを格段に避けることができます!

 

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

  • 厳選された優良な業者の本当の価格相場が一括で比較できます!
  • 無料です!
  • 利用者数10万人突破!
  • 匿名での見積もり取得」も可能!
  • 既に業者と契約してしまっていてもクーリングオフの手順もサポート!
  • 他社より見積りを既に受け取っている場合、見積りの妥当性を無料診断!
  • 業者へのお断り連絡も代行!
  • 完全な中立機関なので塗装店からの営業電話は一切なし!
  • 最大3万円のお祝い金贈呈!
  • 外壁塗装で失敗しないために「無料小冊子」プレゼント!

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

認定塗装業者
→ 外壁塗装の体験談アンケート結果はコチラ