カタログに載っている塗料の耐用年数はあくまでも目安に過ぎない

 

塗料メーカーは、塗料の耐久性についてカタログや公式ホームページに記載しています。

 

フッ素樹脂塗料は、一番耐久性がありますが「高額」です。
金額と耐久性のコストパフォーマンスでみれば、シリコン樹脂塗料のほうがいいといえるでしょう。

 

耐用年数のおおよその目安は次の通りです。

  • アクリル樹脂塗料:6年〜7年前後
  • ウレタン樹脂塗料:8年〜10年前後
  • シリコン樹脂塗料:12年〜15年前後
  • フッ素樹脂塗料:15年〜20年前後

 

これは、おおよその耐用年数です。
実際には塗装した建物の立地条件や環境によって耐用年数が変わってきます。

 

例えば、次のような条件に当てはまると、塗料の劣化が早く進む可能性があります。

  • 湿気の多い場所に建っている家
  • 直射日光が当たる南側の壁
  • 北向きで日の当たらない壁
  • 海が近く潮風が当たる壁
  • 地盤の弱い土地に経っている家
 

建物の劣化と塗料の耐用年数

 

塗料を外壁に塗るということは、建物の外側を樹脂製の丈夫な被膜で覆うということを意味します。

 

樹脂がある程度伸縮すれば、建物のゆらぎに合わせて被膜も一緒にゆらぎますが、伸び率を超えた場合は、外壁にクラック(ひび割れ)が入ります。

 

地盤が脆弱な地域に建てられた家や、工法・基礎工事に問題がある家、地震による揺れなどがひび割れの原因です。

 

ひび割れをそのままにしておけば、やがて雨水がしみ込んで雨漏りするようになるので、そのままにしておくと将来のリフォーム費用がかさみます。

 

つまり、「外壁塗装」と「外壁のリフォーム」は別問題なのです。
この2つの耐久性、耐用年数は違うのです。

 

20年近い耐用年数があるとされるフッ素樹脂塗料で外壁塗装をしても、20年経つ前に外壁のリフォームが必要になる可能性があるのです。
塗料が、外壁よりもオーバークオリティーということです。

 

クラックなどの塗料以外の問題から、外壁塗装は15年程度が限界と思ったほうがいいでしょう。
そう考えると、15年交換でいうと、シリコン樹脂塗料が値段とのバランスが一番いいといえるでしょう。

 

高級な塗料を使っても数十年間メンテナンスフリーではないということを理解した上で、外壁塗装の塗料を選ぶようにしましょう。

 

外壁塗装を検討中なら「一括見積りで比較」をするのがおすすめ!
最大で【130万円】も違うケースもあるんです!
失敗のリスクを格段に避けることができます!

 

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

  • 厳選された優良な業者の本当の価格相場が一括で比較できます!
  • 無料です!
  • 利用者数10万人突破!
  • 匿名での見積もり取得」も可能!
  • 既に業者と契約してしまっていてもクーリングオフの手順もサポート!
  • 他社より見積りを既に受け取っている場合、見積りの妥当性を無料診断!
  • 業者へのお断り連絡も代行!
  • 完全な中立機関なので塗装店からの営業電話は一切なし!
  • 最大3万円のお祝い金贈呈!
  • 外壁塗装で失敗しないために「無料小冊子」プレゼント!

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

認定塗装業者
→ 外壁塗装の体験談アンケート結果はコチラ