外壁塗装業者はどっちがいい?大手?地元密着?

 

外壁塗装業者を選ぶ際に、大手で有名な会社か、小さいながらも地元密着スタイルで営業している会社かで迷う場合もあると思います。
こちらでは、外壁塗装業者は大手がいいのか地元密着のどっちがいい?ということについて書いてみますね。

大手業者のメリットとデメリット

外壁塗装の業者を大手の業者に依頼した時のメリットは、企業としての信頼度が高い点です。
よって、契約書などの書類も完備されており、保証面などの点もしっかりしている企業が多いです。
デメリットとしては、営業所が多いこと。
つまり、営業担当者の人事異動が考えられ、再度外壁塗装の依頼をする時に、新しい担当者に事情を説明しなければならなくなることです。
最近では、業者によっては、顧客データ管理もされているので、担当が変わっても対応できるようになっている点はあります。
地元業者の場合は、その点少数精鋭で、ベテランの担当や職人も多い場合があります。
その場合、1度塗装工事を行った人がまた担当するケースもあり、安心感があるといえます。
また、費用の面で、大手業者の場合は、下請けを利用しているケースが多く、費用の面で高くなるという傾向があります。

地元業者のメリットとデメリット

外壁塗装の業者を、地元業者に依頼した時のメリットは、地元密着型の企業が多いため、地元でも施工実績と評判が調べやすいという点です。
そして、地元なので、すぐにでも足を運んでくれるという安心感があることです。
先に書いたように一度、工事すれば、その家の外壁のことを熟知しており、再度依頼する時も依頼しやすいという面があります。
また、場合によっては、地元業者に依頼したときに、補助金を出してくれることもあります。
デメリットとしては、地元業者は少数精鋭で、限られた人数作業しているため、繁忙期には、工事の開始が遅れる可能性があることです。

 

大手業者と地元業者のどちらにもメリットとデメリットはあります。
外壁塗装の業者を、大手業者と地元業者のどちらに依頼するにせよ、見積りを複数の業者に依頼し、費用面と見積の内容をよく比較し、アフターケアなどの面も考慮して、外壁の塗装業者を選択するべきでしょう。