外壁塗装の塗り替えタイミングの目安

外壁塗装ってどんなタイミングですればいいのでしょうか?
目安となる塗替サインはあるのでしょうか?

 

■クラック(ひび割れ)
クラックの原因は、紫外線による劣化の他に、塗料の乾燥が十分でなかった可能性もあります。
今現在、特に雨漏りが発生していなくても、徐々にひび割れが広がって外壁から雨水が浸み込み、雨漏りが発生する可能性があります。
いったんクラックが発生したら湿気や雨水が建物の内部に侵入して住宅の劣化を早めます。
大きなヒビでなく、小さなヒビ(ヘア・クラック)であっても同じです。
早めに補修を検討しましょう。

 

■チョーキング(白い粉)
外壁全体が色褪せ、本来の外壁の色でなくなりはじめると、次第に白い粉が吹きはじめてきます。
これは「チョーキング」です。
塗料が劣化している証拠です。
塗装表面は、長年紫外線・熱・水分・風等の影響で、塗装面の表層樹脂が分解、劣化します。
そうすると、、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって表面に浮かび上がります。
このままほっておくと、さらに酸化がすすみます。

 

■外壁で塗料がはがれる
高圧洗浄をしてから塗料をはがし、新しい塗料を塗ります。

 

■カビ
風通しや日当たりが悪く、湿気が多いところは、外壁には最悪の環境です。
そういう箇所には、カビが生えやすいです。
カビだけでなく、コケや藻のようなものも発生します。
これらが発生しだすと、広範囲に広がっていき、外壁をさらに傷めていきます。

 

■コーキング材のヒビ
タイルを貼ったり、そのタイルや壁の隙間をうめているのが「コーキング材」です。
このコーキング材も、紫外線や寒暖差によって劣化、伸縮が起こり、ひび割れていきます。
貼り付けたタイル時よりも、たいてい早く劣化時期が来ます。

 

■サイディングの目地に亀裂が発生
主な原因は紫外線による劣化です。
シーリング(サイディングをつなぐ材料)の打ち増しや打ち替えをして補修します。

 

■鉄骨部分の錆
錆が発生していたら塗り替えが必要です。
劣化した塗料の膜を落として表面を滑らかにしてから塗装しますが、潮風のあたる地域の場合は、塩害に強い塗料を選ぶと塗装が長持ちします。

 

 

これら「症状」は、あくまでも一例ですが、おおよその目安となります。

 

自分では外壁塗装が必要かどうか判断できない場合は、専門業者に無料診断をしてもらうと良いでしょう。

外壁塗装を検討中なら「一括見積りで比較」をするのがおすすめ!
最大で【130万円】も違うケースもあるんです!
失敗のリスクを格段に避けることができます!

 

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

  • 厳選された優良な業者の本当の価格相場が一括で比較できます!
  • 無料です!
  • 利用者数10万人突破!
  • 匿名での見積もり取得」も可能!
  • 既に業者と契約してしまっていてもクーリングオフの手順もサポート!
  • 他社より見積りを既に受け取っている場合、見積りの妥当性を無料診断!
  • 業者へのお断り連絡も代行!
  • 完全な中立機関なので塗装店からの営業電話は一切なし!
  • 最大3万円のお祝い金贈呈!
  • 外壁塗装で失敗しないために「無料小冊子」プレゼント!

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

認定塗装業者
→ 外壁塗装の体験談アンケート結果はコチラ