外壁塗装面積の計算の仕方について

 

外壁塗装の値段を決める最大の要素は「施工面積」です。

 

塗装業者から相見積もりを取ったが、見積もり価格が大きく異なる場合があります。
その場合は、施工面積を正確に計算していない可能性があります。

 

自分でもその「施工面積」の計算式、面積を知っていると、業者の見積もりも考え方もわかるようになります。

 

不正確な施工面積からアバウトな見積もりを提案されたりすることのないように、外壁塗装における施工面積の確認方法を知っておきましょう。

 

外壁塗装面積は、次のようにして求めます。

 

■塗装面積
まずは、建物の面積を出します。

 

A:外壁の面積=建物の高さ×建物の全周(外周)

 

計算しやすいように、10メートル四方で囲まれた外周の場合は、10+10+10+10=40メートルとなります。
建物の高さは、日本の家屋の平均的な高さである6.5メートルとします。

 

これを計算式に当てはめると、「外周40メートル×高さ6.5メートル=260平方メートル」となります。

 

ここから、塗装をしないドアや窓といった開口部を計算します。

 

B:開口部の面積=(窓の縦×横×個数)+(玄関扉の縦×横)+(その他のドアの縦×横)

 

このように、開口部の面積を出したら、外壁の面積から引いていきます。

 

A−B=塗装する外壁の面積

 

これで、塗装面積が算出できます。

 

同じ建て坪でも、壁に凸凹があって全周が長いと外壁の面積が増えます。
計算は面倒ですが、しっかりと算出することは重要です。

 

坪数で計算すると、開口部の面積との引き算ができなくなります。
メートルで計算するようにしましょう。

 

 

足場面積の算出方法に関してはこちら >>> 外壁塗装の足場の計算のやり方

 

外壁塗装を検討中なら「一括見積りで比較」をするのがおすすめ!
最大で【130万円】も違うケースもあるんです!
失敗のリスクを格段に避けることができます!

 

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

  • 厳選された優良な業者の本当の価格相場が一括で比較できます!
  • 無料です!
  • 利用者数10万人突破!
  • 匿名での見積もり取得」も可能!
  • 既に業者と契約してしまっていてもクーリングオフの手順もサポート!
  • 他社より見積りを既に受け取っている場合、見積りの妥当性を無料診断!
  • 業者へのお断り連絡も代行!
  • 完全な中立機関なので塗装店からの営業電話は一切なし!
  • 最大3万円のお祝い金贈呈!
  • 外壁塗装で失敗しないために「無料小冊子」プレゼント!

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

認定塗装業者
→ 外壁塗装の体験談アンケート結果はコチラ