外壁塗装で特に傷みやすい箇所について

家屋の外壁でも、傷みやすい部分とそれほどでもない部分とあります。
外壁塗装で特に傷みやすいのは、次のような箇所です。

 

■木部
日本の木造建築は、外壁はサイディングしてあっても、軒裏や破風板など、風雨にさらされる場所に木が使われています。
破風板は、切妻屋根と外壁をつなぐ部分で、目に触れにくい場所のため、傷んでいることに気づかずに補修が遅れることもあります。
木は風雨や紫外線に弱く傷みやすい場所なので、下地調整で表面を滑らかにして木と塗料の密着性を高めた上で、木部専用の塗料でていねいに塗装することが求められます。
太陽光が長時間当たる南西側と、影になっている時間が長い北側では、木の傷み具合がかなり変わってきます。
そのため、南西側の破風板は3回以上塗って、そのかわり北側は2回塗りというように、塗装回数を調整して耐久性を高めてもらうように塗装業者と交渉することもできます。

 

■鉄部
鉄は空気に触れると酸化して錆が発生するため、経年劣化によって腐食が進行します。
腐食が進行している場合は、溶接による補強工事が必要になります。
トタン屋根が錆びると、その下の木部も劣化が早まることがあります。

 

■漆喰(しっくい)
湿気の多い場所に塗ったしっくい塗装は、剥離(はがれ)が起きやすくなります。

 

■家屋の外回り
濡れ縁や雨戸、木製ベランダなどは、常に風雨にさらされているので傷みが激しい箇所です。
外壁塗装の際に、一緒に塗装をしてもらえるか、打ち合わせの際に確認しておきましょう。

 

 

この辺を目安としてチェックしてみると、傷み具合がわかりやすいですね。

外壁塗装を検討中なら「一括見積りで比較」をするのがおすすめ!
最大で【130万円】も違うケースもあるんです!
失敗のリスクを格段に避けることができます!

 

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

  • 厳選された優良な業者の本当の価格相場が一括で比較できます!
  • 無料です!
  • 利用者数10万人突破!
  • 匿名での見積もり取得」も可能!
  • 既に業者と契約してしまっていてもクーリングオフの手順もサポート!
  • 他社より見積りを既に受け取っている場合、見積りの妥当性を無料診断!
  • 業者へのお断り連絡も代行!
  • 完全な中立機関なので塗装店からの営業電話は一切なし!
  • 最大3万円のお祝い金贈呈!
  • 外壁塗装で失敗しないために「無料小冊子」プレゼント!

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

認定塗装業者
→ 外壁塗装の体験談アンケート結果はコチラ