「外壁塗装専門店」と「リフォーム業者」「工務店」の違いは?

 

外壁塗装って、業者さんにお願いをするのですが、実はいろんな種類の業者があることを知っていましたか?
それぞれの特徴と違いを知っておくといいでしょう!

リフォーム業者

 リフォーム業者の場合、外壁塗装のみならず、内装工事も業務として行っています。
よって、家のリフォームという視点で、全体的なプランを練ってくれるというメリットがあります。
しかし大抵、外壁塗装の作業は下請け業者に依頼するケースが多いです。
ですので、現場に出ていないので外壁塗装の専門知識が薄く、指示を現場で直接行わないというデメリットがあります。

工務店

工務店の場合、リフォーム以外に、新規の注文住宅の仕事も行っている場合が多いです。
リフォーム業者と同様に、リフォームに関して、全体的なプランを練ってくれるというメリットがあります。
また、工務店の場合、リフォーム業者と異なり、スタッフが直接、現場に指示を行う場合が多いです。
ですので、現場への意志疎通がしやすいです。
ただし、リフォーム業者と同じく、下請け業者に外壁塗装の作業を依頼するケースが多いです。

外壁塗装専門店

外壁塗装だけを行っている専門会社です。
その会社の職人が直接作業するで、作業に関しては間違いないでしょう。
専門スキル的にも高く、安心できます。
職人が長い間雇用されている場合が多いので、再度作業を依頼する時も依頼しやすい、話が早いというメリットもあります。
地元で長い間やってきている会社の場合は、さらに安心です。
ただし、当然ながら、外壁塗装以外の事は依頼できません。
内装も見直したいというような場合は、リフォーム業者や工務店のほうがよいでしょう。

 

リフォーム業者や工務店の場合、下請け業者に依頼するため、料金が高くなるという傾向があります。
また、外壁塗装以外の業務も行っているため、外壁塗装を得意としているかどうかを施工実績から確認するべきでしょう。
料金やスキルの面だけなら、外壁塗装専門店が妥当であるといえます。

 

このような特徴があることを踏まえた上で、業者の選定を行うべきでしょう。