悪徳?外壁塗装の営業マンが来たときってどう対処したらいいの?

外壁塗装の営業マンというのは、リフォームの営業マンに比べて圧倒的に飛び込み営業の場合が多いのが特徴的です。

 

その理由としては、外壁というのは外からでも簡単に確認することが出来るためです。
外壁が傷んでいたり、修繕が必要な状態だったりすると、受注しやすくなるということがわかりますからね。

 

しかし残念ながら外壁塗装に関して営業マンが訪れた場合は悪徳業者の割合も高くなっているのが特徴的です。

 

そのため、あの手この手で契約を迫ろうとしてきます。

 

こちらとしては、「見積もりを請求する」ということや「相見積もりを出す」ということによって対処をすることが可能です。

 

また、見積時に外壁のチェックをしてもらうことも可能なので、複数の業者に依頼してみるのも良いでしょう。

 

営業マンは、「この場で契約して頂けると100万円の値引きが出来ます」というように、あおるような宣伝文句で契約を促してくることもあります。
ですが、最初から適切な料金が分からない人からすると、「本当に安くなっているのか分からない」というのが実状です。

 

そのため、気が進まない場合はハッキリと断ることが大切です。
そして、外壁塗装をしなければならないと少しでも考えたのなら、複数の業者に相見積もりを出してもらいましょう。
そして、その際に、現在の外壁をチェックしてもらって、本当に「今すぐ」外壁塗装をしなければならないのかということを訪ねてみると良いでしょう。

 

悪徳業者は、高額な料金を貪るような輩が多いのも特徴となっています。
中には適切な料金設定のように見えて、実際には異なる塗料を使用したり、塗料を薄めて使用したりと、必要な経費を偽って搾取するような業者も存在します。

 

外壁塗装の工事は安くても100万円程度になっていて、高ければ300万円ぐらいの費用になります。
その金額をポンと出すことが出来るなら何も問題ないかもしれませんが、高い買い物です。
十分に検討してから契約するのが鉄則です。