一式という表現に注意

 

見積り書に「一式●●万円」というように書いてあったら要注意です。
俗に「一式見積もり」と呼ばれます。
細かな明細を書かないで、どんぶりで書いている見積りです。

 

明細を書くことができない事情があるため、「一式」という表現を使っているわけです。
ひどいところは、「外壁塗装一式150万円」なんてところも・・・

 

こういうときは、その理由が何かということを考えてみるべきでしょう。

 

理由の一つは、工事を始めてみないとどのくらいの作業量になるかわからない作業があるからです。

 

外壁の下地調整や傷んだ壁の補修は、どの程度の作業量になるかは事前調査をするとはいえ正確にはわかりません。
養生や窓のマスキングに使うシートも、「一式」という表現で書かれていることが多いです。
諸経費も「一式」と書かれていることが多く、営業経費などが含まれます。

 

このような項目については、「一式」と書いてあっても業者が特に手抜きをしているわけではありません。
心配しなくて大丈夫です。

 

ようは、その「一式」という意図が「ごまかし」なのかどうかがポイントです。

 

 

「ごまかし」のパターンは、現地調査を終えているのに、塗装面積など数字で書いて提出できる内容を「一式」と書いてある場合です。
塗装面積、足場面積、塗料の量などは、数字できちんと書いてもらいましょう。

 

もし、すべての項目に一式というような表現を使っている施工会社の場合は、見積もりに信頼がおけません。
もっと詳しく説明するように頼みましょう。
きちんとした業者であれば、何のために行う作業という作業内容や、作業工程の金額が明確になっています。

 

数字の提出を嫌がるような業者は、発注するのをやめて他の塗装業者を探した方が安心です。

 

結論から言えば、塗料●缶●リットル、家屋外周●m、塗装面積●平方メートル、足場面積●平方メートルというように、具体的な数値を記載した見積書がより信頼できるということです。

 

外壁塗装を検討中なら「一括見積りで比較」をするのがおすすめ!
最大で【130万円】も違うケースもあるんです!
失敗のリスクを格段に避けることができます!

 

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

  • 厳選された優良な業者の本当の価格相場が一括で比較できます!
  • 無料です!
  • 利用者数10万人突破!
  • 匿名での見積もり取得」も可能!
  • 既に業者と契約してしまっていてもクーリングオフの手順もサポート!
  • 他社より見積りを既に受け取っている場合、見積りの妥当性を無料診断!
  • 業者へのお断り連絡も代行!
  • 完全な中立機関なので塗装店からの営業電話は一切なし!
  • 最大3万円のお祝い金贈呈!
  • 外壁塗装で失敗しないために「無料小冊子」プレゼント!

 外壁塗装の窓口へ今すぐ外壁塗装業者の無料一括見積りをしたい方はコチラ

 

認定塗装業者
→ 外壁塗装の体験談アンケート結果はコチラ